イメージ画像

シェアハウスってどうなの?

シェアハウスで暮らす若い男女の日常をウォッチするテレビ番組が人気ですね。

出演者が芸能人ではなく、素人の若い男女ということもあり、見ている人も自分に身近な存在と感じて出演者に感情移入しているのかもしれませんね。

ドラマを通じてみている分にはシェアハウスでの暮らしはとても楽しそうに見えますが、実際のところシェアハウスでの生活ってどうなの?と思う方もいらっしゃるでしょう。

シェアハウスって何?

シェアハウスとはその名のとおり、1つの住居を複数人で共有するもので、各住人の個室をプライベートなスペースとして確保しながら、トイレやバスルーム、キッチン、食堂などを共有スペースとするものです。

シェアハウスを選択される方の主な理由は、

  • 一人暮らしだと寂しさを感じるし、誰かに待っていて欲しい
  • いろいろな人と交流を持ちたい
  • 地方出身なので、都会での一人暮らしが怖い。
  • 母子家庭なので、子供が誰かと関われる環境を整えたい
  • 一人暮らし向けの部屋だとキッチンや浴室が貧弱
  • いろいろな仕事をしている人と関わり視野を広めたい。

都会では特に近所付き合いが希薄であることもあってか、逆に積極的に人々との関係性を高めたいという気持ちを持つ方も着実に増えているようです。

気になるシェアハウスのタイプとは?

シェアハウスには、さまざまなタイプがあります。

男性限定、女性限定、男女ミックスで住居をシェアするタイプや、最近では父子家庭や母子家庭専用のシェアハウスもどんどん増えています。

異性がいると、気を使う、煩わしいという方ならある程度入居者を限定しているところがいいでしょう。

また、いろいろな人と知り合いになりたいという方や、出会いの場としても考えているという方なら、入居の条件をあまり限定していなところがいいですね。

シェアハウスのメリットは?

実際にシェアハウスに住んでいる方は、シェアハウスのどこに魅力を感じているのでしょうか?

  • 今までは真っ暗な家に帰るのが寂しくて遊び歩いていたが、誰かが待っていてくれるという安心感で、まっすぐ自宅に帰るようになった。
  • 仕事以外のたわいもない話が出来る幸せを感じている
  • 当番を決めて自炊をしているので、食生活が安定した
  • 母子家庭なので、今までは1人でお留守番していた息子がシェアハウスにしてからは、一緒に住む子供達と楽しくお留守番してくれるし、家族が増えたみたい
  • 家賃が安上がり

やはり1番のメリットは、1人暮らしでは得られない「人とのコミュニケーション」や「温かさ」を感じられることです。

寂しさを紛らわすことができますし、違う職業の人達が同じ空間にいることで、気軽に情報交換をすることもできます。

シェアハウスのデメリットは?

魅力いっぱいのシェアハウスですが、デメリットもあります。

このデメリットが許容範囲内であるか、自分は気にならないという方なら、積極的にシェアハウスを検討してみていいでしょう。

  • 一人になりたいと思うときには、ちょっと困る。
  • 気が合わない人がいると、シェアハウスに帰ってくることが苦痛になってくる。
  • 周りに誰かいると、気を使ってってしまう時がある。
  • 冷蔵庫の食べ物を勝手に食べるなど、ルールを守らない人もいる。

シェアハウスは自分と気が合う人とだけ生活する場ではなく、それまで全く知らなかった人と、新たに関係を構築していく場です。

どんな人と共同生活をすることになるのかは、ある程度運任せの部分もあることを留意しておく必要があります。

シェアハウスのような住居形態は、一昔前の長屋のような、隣近所とのつかず離れずの人間関係を築ける場所と言えるでしょう。

人間関係の希薄な都会でも、積極的にいろいろな人と仲良くなりたいという方にはおすすめの住居形態と言えます。

このページの先頭へ