イメージ画像

一人暮らしの自炊のすすめ

自炊が続かないのはなぜ?

一人暮らしの場合、初めから自炊をするつもりはなかったという方はともかく、最初のうちは張り切って自炊をしていたけれど、食材を購入しても余らしてしまうとか、作りすぎて捨ててしまうということが続いて、自炊はやめてしまったというケースも多いようです。

また、自分で料理することに苦手意識があったり、あと片づけが面倒とか、時間がない、疲れて帰った後に食事を作るなんて気分になれないということも一人暮らしの方が自炊をしない主な理由のようです。

外食がすべて悪いわけではありませんが、信頼のできる料理店で品質と栄養バランスの考えられた料理を食べようと思えば、かなりの出費を覚悟する必要があります。

ファストフードや手頃なチェーンの飲食店では、コストを抑えるために中国産の食材を使っていたり、食品添加物を多く使用した食材を使用していたりで、健康面を考えた食生活という意味では、日常的にチェーンの飲食店で食事を摂ることはおすすめできません。

一人暮らしの自炊のポイント

このようなことを考えると、一人暮らしで自炊を続けるためのポイントは、短時間で誰にでも料理できて、しかも、あと片づけの手間もかからないものを自分のレパートリーにしてしまうことです。

料理に苦手意識がある方は、まずはそんな条件の備わった手軽なメニューから始めて、自信がついてきてから多少手間のかかるものにチャレンジしてみるといいでしょう。

あまり張り切り過ぎて複雑なものに挑戦して、お金と時間をかけた割には出来上がったものを食べてみてあまりのまずさに自分でも悲しくなってしまうということでは、だれでもやる気をなくしてしまうものです。

料理に苦手意識を持つ人は、料理というものが何かとんでもなく難しいものだと思い込んでいる人が多いのです。

料理を作るということを料理店で出すメニューのようなものを作ることだと思い込んでいる人も多いようです。

料理店のメニューはプロの料理であり、自炊での料理とは全く別物です。

もちろん、家庭料理にも難しいものはありますし、どんなに腕の良いホテルのコックでや料亭の板前でも同じ味を出せないものはあります。

単身赴任や一人暮らしの方が自分で作る料理ならば、何も気取った料理を作る必要はなく、簡単に作れて、後片付けも面倒でなく、栄養バランスを考えていればそれでいいのです。

食べたいものをどのようにすれば、無駄なく、しかも、おいしく作ることができるのか、うまく段取りを考えて料理することは、仕事を上手に進めることと共通する部分が多いことにも気づくでしょう。

健康を意識したメニューを考える

自分の健康管理のために必要なことは、積極的に自分で取り組む姿勢が大切ですし、健康を考えた食生活を意識しつつ料理も続けていると、いろいろな発見があるものです。

自分で材料を見立てて調理をしておいしいと感じれば、新たな喜びとなりますし、料理に遊び心が出るようになればさらに楽しくもなるでしょう。

ただし、メニューを考える際には次のことに注意しましょう。

  • 好きなものばかり食べないこと
  • 同じようなメニューを続けないこと
  • 一品料理ばかりにならないようにすること

おいしく、健康的な食生活を送るための自炊ですから、外食よりも高カロリー、高塩分なものばかりでは本末転倒です。

特に男性が気をつけたいのが、ボリュームのある食事を好んで炭水化物や脂肪、塩分の摂り過ぎになってしまうことです。

ごはんと味噌汁の組み合わせに青菜のお浸しや納豆、豆腐、魚料理などを基本とした伝統的な和食で、塩分をひかえめにすれば間違いないでしょう。

基本的な栄養と食材に関する知識を学んで栄養バランスの取れた食生活を心掛けましょう。

このページの先頭へ