イメージ画像

賃貸住宅の申し込みと契約

入居の申し込み

不動産屋さんから紹介された物件を実際に下見して、納得の上、住みたいお部屋が決まったら、正式な申し込みをします。

入居申込書には、氏名、現住所、勤務先、月収などを記入します。

申し込みの際には、1万円程度の申込金が必要となるケースが多いようです。

この申込金は、契約成立の際に諸経費に充当されますので、必ず預り証を受け取りましょう。

入居申込書を提出し、申込金を支払うことで正式な入居申し込みとなり、貸主による審査となります。

賃貸住宅の契約の際のポイント

審査が通り、正式契約となれば、住民票、保証人の印鑑証明、在職証明書や学生証、源泉徴収票が必要となります。

契約の際には、宅地建物取引主任者の資格を持った人から契約内容について、契約書の書面に沿って説明を受けます。

細かい文字がビッシリと詰まった契約書を見ると、初めての方は面食らってしまって、内容もよく把握せずに聞き流してしまうということも多いようですが、大事な内容が書かれていますので、しっかりと聞き、わからないことは遠慮せず、噛み砕いて説明してもらいましょう。

禁止事項

ペットの飼育についての決まり、ピアノなどの楽器使用の制限、石油ストーブ、石油ファンヒーターなど暖房器具の制限はどうなっているか

解約のルール

部屋を退去する際の契約解除の予告期間、連絡方法等

敷金の返金

原状回復の基準や支払いの割合を確認しましょう。

あいまいに感じたら納得できるまでしっかりと確認を。

退去時のトラブルでもっとも多いのがこの敷金の扱いと原状回復に対する認識の違いといわれています。

契約更新の際の更新料金

契約更新の際に更新料が発生するか、更新料がいくらかを確認しましょう。

特約事項

賃貸住宅の契約書は一定の書式が決まっていますが、特別に条件をつける場合には特約事項として記載されますので必ず内容を確認しましょう。

敷金トラブルを避けるために

契約書の確認ポイントは以上ですが、特に注意したいのが敷金についてです。

契約する側も最低限の知識を身につけて、損をしないようにしておきましょう。

正式な契約の前に、大家さんか不動産業者の立会いの上で、部屋を確認しましょう。

床や壁のキズや汚れ、設備の不具合などがないか確認し、気になるところがあれば修理してもらいましょう。

入居後に自分で修理をする必要があったり、後から修理代などを請求されることのないようにしておきましょう。

このページの先頭へ