イメージ画像

引越し業者の確認ポイント

以前は、引越し業者によって引越しにかかる料金はまちまちで、見積もりも有料であったり、高層住宅や狭い路地にある家への搬出入については割増料金を請求されていました。

1987年に当時の運輸省が標準引越約款と標準引越運賃を定めたことで、引越の運賃は、北海道、東北、新潟、関東、中部、近畿、中国、四国、九州、沖縄の各ブロックに分けられて、各ブロック内で統一されました。

引越しの距離が100キロ以内の場合は時間制運賃、100キロを超える場合は距離制運賃を適用する決まりとなっています。

運賃の詳細については各地域の運輸局で確認も可能です。

良い引越し業者の見極め方

国土交通省の認可を受けているか

国土交通省の認可を受けた正式な免許を持つ運送業者であることをまずは確認しましょう。トラックに緑ナンバーがついていれば、正式な事業資格を持つ業者です。さらに、全日本トラック協会に加入し、国土交通省の定めた「標準引越し約款」を採用している業者かどうかも確認しましょう。

評判や口コミはいいか

いくら大手でも、見積もりや電話の対応が悪かったり、評判が悪い業者は避けましょう。 インターネットを利用して、口コミや評判を確認しましょう。

料金の算出根拠は明確か

料金の算定見積もりの明細の基準がはっきりしているかどうかを確認しましょう。

基準項目は運賃、実費、付帯サービス費の3つです。

内金、手付金を要求されたり、正式な見積書を出さないような業者は避けましょう。

きちんと打ち合わせしてくれるか

綿密な打ち合わせをしてくれる業者は、顧客とのトラブルを極力避けようとしてくれているので、安全確実な引越しを心がけてくれている証拠です。

適切なアドバイスをしてくれるか

希望に対して適切なアドバイスをしてくれるかどうかも大切なポイントです。

いくら商売といっても余計な梱包資材を購入させられたり、やたらと高いプランをすすめてくるような業者は要注意です。

このページの先頭へ