イメージ画像

引越しの際の挨拶

旧居での挨拶

引越しの際の挨拶は、旧居での挨拶と新居に引っ越した後の挨拶と2回の挨拶が基本です。

引越しの当日は引越し作業や掃除、あと片付けで何かとあわただしくなりますから、ご近所には前日までに済ませておきましょう。

特に仲良くお付き合いしていた方やお世話になった方には前日ではなく、引越しが決まった段階で、引っ越すことを耳に入れておくほうがいいでしょう。

当日はトラックが来たり、作業員が出入りして少々騒がしくもなるので、挨拶するのは最低限のマナーです。

日ごろ顔を合わせた時に挨拶する程度の付き合いであれば、特に必要はありませんが、特にお世話になったという方や、大家さんには1,000円から2,000円程度のお礼の品を用意しましょう。

菓子折りが一般的ですが、お茶や海苔、タオルや洗剤、入浴剤などでもいいでしょう。

ファミリーでの引越しの場合、隣近所だけでなく、子供の友達の親や学校や習い事の先生にもきちんと挨拶しておきましょう。

この場合もお礼の品を用意するかどうかはお付き合いの程度で判断しますが、学校の先生は公務員でもありますから基本的に必要ありません。

挨拶程度でのお付き合いでしかなかった方には、「当日は騒がしくなり、ご迷惑おかけしますが」といえばいいですし、お世話になった方にはこれまでの感謝の気持ちをこめて特に丁寧にというのが基本です。

新居に引っ越してからの挨拶

トラックが来て荷物の搬入があれば、「誰か引っ越してきたな」と思うのは当然です。

同時に引っ越してきた人がどんな人なのか気になるものです。

引っ越してきたあなたも近所の人がどんな人なのか気になるでしょう。

新居での挨拶はお互いにどんな人なのかを知る最初のコミュニケーションと考えて、一軒家であれば両隣と前後、周囲三軒、マンションやアパートなどの集合住宅の場合には両隣だけでなく、上下の階にも挨拶しましょう。

特に子供がいる場合、下の階の住人がどんな人か知っておくことは大切です。

「子供がいるので騒がしくなるかもしれませんが、よく言って聞かせますので・・・」の一言が大切。

気難しそうな人と感じたら、騒音トラブルにならないように注意が必要です。

挨拶のタイミングですが、出来るだけ早めがいいですね。

時間帯にもよりますが、引越し作業が終わってすぐに挨拶の品を添えて「お騒がせしました。これからお世話になりますが、よろしくお願いします。」といった感じの言葉でいいでしょう。

挨拶の品は1,000円から2,000円程度の菓子折りか、単身の方で昼間は留守にすることの多い方はタオルなどでもいいでしょう。

遠くから引っ越してきた場合には引っ越してくる前の土地の名産品を手土産にすると、相手に好印象をあたえるでしょう。

明太子の小さな包みを手土産にすれば、「あの人博多から越してきたのかな」と思ってもらえるものです。

これから生活していく場所ですから、必ず挨拶回りをして、周囲の人がどんな人なのかを知り、自分の顔と名前を知っておいてもらうことは、お互いに気持ちよく暮らすためにも非常に大切なことです。

転居の挨拶状

特に親しかった人や今後も継続しておつきあいを続けたい方、仕事の関係できちんとした挨拶をしておきたいという場合は、新居に引っ越して1週間以内くらいにハガキでいいので、転居した旨の挨拶状を出しましょう。

枚数が少ない場合はパソコンを使って自分で作ってもいいですが、50枚を超えるような場合は、印刷屋に頼んだ方がラクです。

このページの先頭へ