イメージ画像

引越し作業終了後の確認ポイント

荷物の状況確認

引越し先に到着して、一通り荷物や家具の搬入が終わったら、引越し業者立会いの下で家具や家電製品に傷や破損はないか、他の荷物に破損や紛失はないか確認しましょう。

また、少しでも気になること、不審な点があれば業者の目の前で荷を解いて確認することが大切です。

作業中に変な音がしたら「大丈夫ですか?」といって状況を確認するようにしましょう。

荷物の紛失や破損に気づいたら、まずは写真を撮って証拠を残し、事故証明書を発行してもらいます。

その場で納得できる説明を受けられなかった場合、引越し業者の事故担当者に連絡します。

業者に落ち度があるようであれば、同程度の価値のものとの交換や弁償に応じてもらうことも可能です。

悪質な業者と感じたら、消費生活センターや、社団法人全日本トラック協会などに相談してみましょう。

大手の業者ではまず心配はありませんが、あまりに料金の安い業者では、仕事も雑になりがちですから、家具や荷物のキズや破損のトラブルのリスクがあると認識しておきましょう。

標準引越運送約款について

標準引越運送約款とは、引越し業者と引越しの依頼主との間でのトラブル防止の観点から、国土交通省が作成した指針です。

標準引越運送約款第二十二条では、「自己又は使用人その他運送のために使用した者が、荷物の荷造り、受取、引渡し、保管又は運送に関し注意を怠らなかったことを証明しない限り、荷物その他のものの滅失、き損又は遅延につき、損害賠償の責任を負い、速やかに賠償します」と記されています。

荷物に破損があった場合は、防ぎようのない事情以外は引越し業者が賠償の責任を負わなければならないことが法律でも定められています。

ただし、賠償額は時価での評価なので、中古の破損にクレームをつけて新品に交換してもらうことはできません。

また、引越し後に気づいたキズについては、標準引越し運送約款第二十五条「荷物の一部の滅失又はき損についての当店の責任は、、荷物を引き渡した日から3月以内に通知しない限り消滅します」とあるように、引越し終了時から3ヶ月以内であれば業者に弁償を申し出ることができます。

ただし、時間が経つほど業者側に責任があることを証明することは難しくなるケースが多いので、なるべく早めに荷物の整理を済ませたほうがいいでしょう。

悪質トラブルの事例

引越し業者を選ぶ際には、引越し業者数社から見積もりを取り、比較検討することをおすすめしますが、あまりに激安な業者は避けたほうがいいでしょう。

激安という理由だけで決めてしまったために、パソコンやデジタルカメラなど高額な荷物が数点なくなっていたなんていう話もあるそうです。

これはもう立派な窃盗事件ですが、その業者の担当者に連絡してみても、実際に荷物を運んだのは下請け業者で事情もよく把握しておらず、たらいまわしにされた上に、最後には「変な言いがかりはよせ、証拠はあるのか!」と逆ギレされる始末。

結局なくなった品物は戻らず、謝罪もないまま泣き寝入りするしかないことに。

預けていた荷物がそのまま行方不明になり、競売にかけられたという悪質極まりない事例もあるそうです。

こうした悪質な業者を避けるには、数社の見積もりを比較した上で突出して安い業者を選ばないことや、国土交通省の認可を受けていて、社団法人トラック協会に加入している業者を選べば安心です。

このページの先頭へ